高級フェルトハットはどれがお勧め|帽子マニア

ベロアの帽子

 

このサイトは帽子好きな私が”これ!いいね”と思うフェルトハットを紹介しています。

 

大人が一生ものとして愛せる帽子が理想で、特に兎の毛(ファーフェルト)を使って丁寧に編み込まれたヨーロッパのフェルトハットは上質感が半端なく良くって、手に入れた喜び所有欲を満たしてくれる逸品だと思います。

 

普段帽子をかぶらないお父さんでも、これ一つあるととってもダンディーでお洒落な男性に生まれ変わります。

 

父の日やお誕生日のプレゼントとして贈っても必ず喜んでもらえる間違いない帽子だと思います。

 

ただ父親という生き物は素直に喜びを表現できない人が多いので、そのあたりは理解して上げて下さいね。

 

 

流行に左右されないデザインと被る人のこれまでの人生や性格まで感じ取れる・・・それが帽子というアイテムなのです。

 

ある程度歳を重ねてくると服であったり文房具などの小物にいたるまで上質な物を身につけるようにしたいものですね。

 

けっして華美にならず品性を伺わせるフェルトハットは一つ持っていると本当に重宝する紳士の必須アイテムなんです。

 

フェルトハットを被る季節

高級なフェルトハットほど上質なベロアを使用していて保温性が高い傾向があります。

 

このことから帽子の色味にもよりますが秋冬がベストなシーズンになります。

 

お気に入りのコートに似合うフェルトハットでイチョウ並木などを歩くときっと素敵な映像となると思いますし、お嬢さんや奥さんと腕を絡ませて街歩きするなんてとっても憧れますね。

 

フェルトハットについて

高級フェルト帽

フェルトハットとはフェルト生地で作られた帽子の事で、水分と熱を加えて獣毛を縮絨させ、成形したもので保温性が高くデザインも豊富なためにお洒落な大人を演出するアイテムとして根強い人気があります。

 

そのフェルトハットの特長は純毛のため変質が少なく、織物と違って自由な形に成形することができ、縫い目や重ね目がなく頭にフィットします。動物の毛ですから保温性も高く、冬の帽子の素材としては最適最高の素材です。
特に東欧チェコ産のウサギの毛を使ったフェルトは最高級品とされています

 

フェェルト生地の原材料は

 

フェルトに使う動物の毛ですが大別すると2種類に分けられます。

 

ファーフェルト(兎毛)とウールフェルト(羊毛)があり、ファーフェルト(兎毛)を使ったフェルトハットは最高級品として愛されています。

 

兎の毛は中空である為、軽くてしなやかで発色も良く、上品な光沢が特長です。ウールに比べキメ細かく滑らかであり、型崩れしにくく長もちし、使う程に味わいが増していき、愛用する年月が深まるほど愛着が沸いて一生ものとして使い続けられる逸品ですね。

 

 

その高級品と言われるファーフェルト(兎毛)の中でもチェコ産のファーフェルトは、毛足が長いので暖かく、質感も豊かになり、更に埃が付きにくく取れやすいという特徴があり最高の素材だと言われています。

 

こちらで紹介しているフェルトハットの有名ブランドTONAKトナックのフェルトハットは、全てNovy Jicinノビー・イーチン市の自社工場にて仕上げたチェコ産の高級なファーフェルトを使用していて自信を持ってお勧めできる最高の大人のフェルトハットとなっています。

 

フェルトハットの仕上げについて

 

フェルトハットの有名ブランド

 

ソフト

 

生地が柔らかく、頭の形に沿ってしなやかにフィットする被り心地が特徴です。
軽く柔らかい為、自分で形を変えたり整えたりする事が比較的容易です。

 


チェコ産フェルト帽子

 

 

ハード

 

生地が硬く、最も丈夫で型崩れしにくい仕上げです。
カッチリとした形にノリ入れされており、フォーマルな印象を与えてくれます。


 

本物のパナマハット

夏場のファッションとしての帽子はパナマハットがベストな選択で、大手の衣料品メーカーのパナマ帽に飽きた人は是非本場エクアドル産のパナマハットに触れて見て下さい。

 

本場トキア草を使用した手触りの良さにきっと魅了されると思います。

 

パナマ帽コレクション